懐紙(30枚入):和詩倶楽部

懐紙(30枚入):和詩倶楽部

440(税込)

数量

種類

懐紙:和詩倶楽部
 

ぽち袋や箸袋などを折っても楽しい。 縁起の良い絵柄の懷柄紙



和菓子だけでなく、洋菓子の下に敷いたり チョコレートをひとつのせるだけでもかわいらしい懐柄紙。
旅館などで心付けを渡される時や、おつかいを頼まれた時のおつりや
領収書をお渡ししたい時など この懐柄紙を折って、ぽち袋の変わりとしても。
ぽち袋として、お箸袋として、 ちょっとしたお手紙やメモ帳として…
さまざまな用途でお楽しみください。

 

和詩倶楽部

和詩倶楽部は和紙卸商として昭和45年に誕生。 和紙を主品目として、暮らしまわりのオリジナル品を取り扱うお店です。油小路二条、高台寺にお店が在ります。

- 商品紹介 -

 

【KG-002】藤丸

古くから丸いものは吉を表すとされてきました。「良いことが続く」という意味です。


 

【KG-008】京千鳥格子

格子状の正方形を配した模様である市松文様の意匠の始まりは不明で、古代より世界中で存在し、また日本では家紋や正倉院の名物裂などで多く見られます。
森羅万象を司る相対する陰陽を表し、永続、途切れぬ縁を示します。また千鳥は御縁の波を乗り越えて、百の歩みを目指し飛び立ち、懸命に積み重ね、いつの間にか振り返ると千に成っている鳥、「千取り」。そうした処から、円満、達成を成す鳥と悦ばれます。

 
 

【KG-027】彩り梅蔓

勇壮な枝振り愛らしい花の成り具合が、古来より親しまれた梅は、厳冬を終え、春の先駆けを知らせ、辛いことの終わりを意味します。


 

【KG-028】子だるま

七転び八起き、最後は良き方に転ぶだるま。小さき福が続くようにとの意味合いで「だるま零し」です。


 

【KG-037】彩り七宝(青)

大黒天の袋の中身、もともとの仏教経典で表される、金・銀・瑠璃・珊瑚・瑪瑙(めのう)・蝦蛄(シャコ)という七つの宝物を指しています。
次に途切れぬ輪の連続から、「輪違い文」とも呼ばれ、円満や財産、繁栄が途切れなく続く意匠を表します。


 

【KG-043】洛中文

お茶席用としてはもちろん、ぽち袋やお箸袋を折ったり、ちょっとしたお手紙やメモとして…さまざまな用途でお使いいただける懐柄紙です。


 

【KG-058】枝垂れ桜

雨風を除けて満開に咲く桜は、満ちてはこぼれる感謝の気持ちと、心の春のシンボルとされています。